2020年03月08日

一山麻緒が国内日本人最高記録で五輪逆転切符獲得!! : MGCファイナルチャレンジ第3戦 名古屋ウィメンズマラソン2020

 実に興奮するレースぶりでした!!
 
 
 一山麻緒が東京五輪3枠目 悪天候も強メンタル「こういう日だからこそ」(デイリースポーツ)

 「名古屋ウイメンズマラソン」(8日、ナゴヤドーム発着)

 東京五輪女子マラソン代表の残り1枠を決めるレースで、一山麻緒(22)=ワコール=が条件となるタイムを破る2時間20分29秒で優勝し、東京五輪代表代表3人目に決めた(一山のタイムは速報タイム)。レース後の場内インタビューに「今日みたいな日が来るのが夢だったので…夢みたいです」と笑顔をはじけさせた。

 タイムは2003年の大阪国際女子で野口みずきが出した2時間21分18秒も破って、日本選手の国内レース最高記録を更新した。日本歴代では4位の記録だった。

 雨が降って肌寒い悪条件だったが「こういう日だからこそ、オリンピックを決めたらすごいかっこいいなと思って走りました」と強いメンタルで臨んだ。タイムについては「(2時間)21分47(秒)を切るというのが、本当に、そのためにやってきたので記録までついてきてくれてうれしいです」と語った。

 ペースメーカーが離れ、勝負どころとなるポイントで一山が動いた。30キロ過ぎの給水をきっかけに先頭に飛び出した。スピードを上げて、海外選手も振り切ると速報タイムで1キロ3分14秒のラップを重ねて、単独トップに立った。

 「30キロ以降に1人でいけるような練習をしっかりこなすことができたので、今日は本当にイメージ通りの走りができました。30キロからが本当の勝負だなと思ったので、本当にその通りの走りができたのでうれしいです」と声を弾ませていた。東京五輪へは「世界と戦うにはまだまだ記録も劣っているので、オリンピックにむけては、もう一段階、質の高い練習をして、日本代表として、かっこいい走りができたらいいなと思います」と明るく語った。

 このレースで、今年の大阪国際女子で松田瑞生が出した2時間21分47秒を破った日本勢の最上位選手が東京五輪代表に入る、という条件だった。

 女子マラソンの東京五輪代表は昨年のMGCで決まった前田穂南、鈴木亜由子と一山麻緒の3人。男子はびわ湖毎日マラソンで代表条件の記録を破る選手が出なかったため、MGCからの中村匠吾、服部勇馬と、東京マラソンで日本記録を更新した大迫傑の3人に決まった。
(引用終わり)


 今日のコンディションでは正直95%くらいの確率で大阪国際の松田選手の記録を上回ることは無理だと思っていました。
 それでも予定通りのペースを刻み、25kmまで来た時は『もしかしたら』とも思ったものの、25km以降はペースメーカーのペースが落ち、『これはヤバいな』と思った矢先、29km付近から一山選手がペースメーカーをつつくような形でペースアップ。 なんとそのまま押し切ってしまうという凄いレースをして魅せました

 5kmごとのラップは30~35kmで最速を刻み、なんと16分14秒(3分15秒/km)と、設定ペースの16分40秒(3分20秒/km)を大きく上回るラップを記録。 そのまま35~40kmも16分31秒(3分18秒/km)でカバーし、ラスト2.195kmを7分13秒(3分17秒/km)と最後まで失速すること無くゴールに飛び込みました。
 いや、正直、先週の東京マラソンよりも、2年前の設楽選手が日本記録を更新した東京マラソンよりも、昨年のイネオス159チャレンジよりも興奮しました。 その全く落ちないペースに1kmごとに興奮の度合いが増して行く、そんなレースでしたね

 正直、前半は一山選手よりも安藤選手の方が余裕が有るように見えていました。 一山選手は結構序盤から口が少し開き、歪んでいるように見えましたし。 でも本人はそう苦しくも無かったみたいですね。
 冷たい雨も、昨年の東京マラソンよりはマシに感じたのかもしれません。 アームカバーを外した時は、正直『まずい』と思ったんですけどね。
 結局、前半と後半のタイムは、1時間10分26秒→1時間10分03秒と、なんとネガティヴスプリットでのゴールでした。
 海外勢を自らのスパートで置き去りにしての優勝に加え、野口みずきさんの持っていた国内日本人最高記録を更新のオマケ付き。 本当に素晴らしいレースでした。
 この名古屋では一山選手に最も期待していましたが、まさかこんなレースぶりで代表の座を勝ち取ってしまうとは・・・ 正直驚きです。
 ひとつだけ心配なのは、暑いよりも寒い方が得意なのか? ということでしょうか。 五輪は当然夏ですから、そこは少々心配では有ります。
 しかしまあ今はまず、今日の走りを祝福ですね!

 一山選手、優勝&五輪切符、本当におめでとうございます!!

 五輪が終われば、来年はベルリンあたりで日本記録を狙って欲しいですね。

 しかし、今日のレースを観ていたであろう松田選手の胸中を考えると・・・ 辛いところですね・・・
 おそらく30kmくらいまでは大丈夫だろうと思っていたことだろうと思います。 そこから1kmずつ自分にとって厳しくなって行く状況を、彼女はどんな想いで観ていたことなのでしょうか・・・


 2位は安藤友香選手が入りました。
 前半、凄く余裕の走りに見えましたので松田選手の記録を超えるのは一山選手では無く安藤選手か? と思っていましたが急に遅れ出しました。
 しかし、そこからの落ち込みは小さかったですね。 タイムも彼女のセカンドベストでしょうか?
 前から落ちてくる選手を拾い続けてのワコールのワンツーフィニッシュ。 見事でした。


 もう一人のワコール所属、福士選手は30km過ぎで棄権したそうです。

 【名古屋ウィメンズ】途中棄権の福士加代子は取材応じず 去就は未定、所属先監督「終わりは彼女が決める」(THE ANSWER)


途中棄権で五輪5大会連続はならず、37歳の今後について永山監督「全く考えてない」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。日本陸上界初の5大会連続五輪出場を目指していた福士加代子(ワコール)は30キロ過ぎに途中棄権した。

 雨が降りしきる悪条件の中、スタートから先頭集団についた福士は後方で様子をうかがいながらレースを展開。しかし、30キロ地点は、一山麻緒(ワコール)ら先頭が1時間40分30秒に対し、福士は1時間47分19秒の22位だった。代表内定は絶望的な状況となったが、懸命に歩を進めた。ここから大きくペースを落とし、30キロ過ぎに途中棄権。一山のゴールから約1時間遅れでゴール地点には姿を現した。

 一山と福士が所属するワコールの永山忠幸監督は、レース後に取材対応。一山をゴールで迎えるため、福士は自ら決断を下したという。「自分の判断でやめている。これは1枠を争うレースですから。それに届くかどうかでの判断だと思います。(1月の)大阪国際よりは状態をつくれていたと思いますけど、彼女の場合はレース環境がマッチしなかったのだと思います。スタート前までのコンディションはさほど問題ではなかった」と振り返った。

 五輪4大会、世陸5大会に出場し、25日に38歳となる大ベテラン。東京五輪出場の夢が原動力だったが、14度目のフルマラソンはまさかの結末となった。それでも、後輩の一山が最後の切符を獲得。永山監督は福士の影響力の大きさを称えた。

「ここまで日本の陸上界を牽引してくれた。本人も5回目の五輪を目指しましたけど、ちゃんと自分の後輩が5回目(の五輪)につないでくれた。彼女の存在が大きかったですし、彼女のトラックのスピードとか、マラソン練習の成功、失敗例が私の中の(指導者としての)スキルアップにつながった。一山の努力はさることながら、チーム全体で勝ち取った優勝だと思います」

福士の去就、永山監督は静観「あれだけの選手に何も言えない」

 優勝した一山に続き2位に入った安藤友香もワコール。好成績には福士の存在が大きかったという。

「福士あってのワコールです。チームワコール。だから今回、福士がうまくかみ合わない状況の中で彼女なりに一生懸命努力をしてスタート地点に立つだけの努力をして下さいましたけど、福士もやはり今日の一山の強さは普段の練習の中で認めていた。そういう形の中で残念な結果だったけど、(ワコール勢が)ワンツーフィニッシュしたのは、福士がチームの中の大黒柱として20年近くいてくれたからだと思います」

 派手なコメントが“福士節”と注目され、陸上界を盛り上げた。五輪へのラストチャンスとして臨んだレース。競技生活の最後になるのかという問いに永山監督自身は「いいえ、そんなことはありません。全く考えていない」と一蹴。本人にゆだねる姿勢を強調した。

「ラストになるのか、どうなるのか。それはまだ福士自身が決めることなので、私たちがあれだけの選手に対していろんなことを言うことはできない。それくらい頑張っている子なので、終わりは彼女が自分の中で決めていくと思います。ただ、どのレベルで走り続けていくかはこれからの相談になると思います」

 持ち前の明るいキャラクターと熱い走りはファンの記憶に残っている。
(引用終わり)


 おそらくこの名古屋がラストランだと思っていましたが、まだ続きが有るのでしょうか?
 彼女ほどの選手、永山監督が言うように、外野が去就をどうのこうの言うのは筋違いというものだ。
 もしまだ続けるので有れば、大阪国際女子をラストランにはしてくれないだろうか? 是非とも彼女の競技生活の最後を見届けたい。


 東京マラソン終了段階で解っていたことだが、一山選手への報奨金は資金切れにより満額支払いされない模様か?

 一山好記録Vも報奨金半分 永山監督「おとこ気を」(日刊スポーツ)

<陸上:名古屋ウィメンズマラソン>◇8日◇ナゴヤドーム発着(42・195キロ)

そこはおとこ気、見せてよ- 

一山麻緒(22=ワコール)が2時間20分29秒の好タイムで優勝して、東京オリンピック(五輪)代表に内定した。

一山の記録は、日本実業団連合の褒賞金で設定A(2時間21分59秒以内)に相当する。本来は選手1000万円、チーム500万円が支給されるはずだった。しかし1日の東京マラソンで男子大迫傑の日本新1億円ボーナスなど1億7000万円をはき出して、ボーナスの残金が800万円になっていた。

規定では褒賞金が800万円を超えた場合は、早いもの勝ちで、選手に3分の2=536万円、チームに3分の1=264万円が支給される形だった。一山は褒賞金が約半分になる。

これに対して、ワコールの永山監督は「そこはおとこ気ですよね。予算がないではなくて、こっそり準備してもらって、選手の頑張りに報いるのが大人のおとこ気でしょう」ときっぱり。

その上で「褒賞金制度も、MGCも、これだけ盛り上がっているんだから、上層部でしっかり話し合ってもらいたい。MGCを終わらせると、マラソンは衰退する。報奨金制度もMGCも、両輪として継続してやってもらいたい。五輪は2020年で終わりじゃない。2024年、2028年と続くわけですから。それがおとこ気というものでしょう」と指摘していた。
(引用終わり)


 どこかに『おとこ気』を出してくれるお金持ちは居ないものだろうか?
 とんねるずの番組で、『男気じゃんけん』でもやってくれないだろうか?
 まあ、冗談はさておき、今回の報奨金制度と、何よりMGCというシステムは確実に結果を出したと言える。 五輪シーズンにはこれを定着させ、日本マラソン界の強化を続けて欲しいところだが・・・


 今日の名古屋ウィメンズでは新星も現れました。

 5位(日本人3位) 2時間23分27秒 佐藤早也伽(積水化学工業)
 8位(日本人4位) 2時間26分34秒 細田あい(ダイハツ工業)

 佐藤選手はもともとスピードには定評の有るランナーだが、今日は悪条件化での初マラソンになった。 一山選手のスパートには反応できなかったものの、この条件化での好タイムは立派。 今後の活躍が楽しみになった。
 細田あい選手も自己記録を大幅更新。 何より積極的に先頭集団に喰らい付いていった積極性は素晴らしい。
 二人ともビジュアル的にも華が有って以前から注目していた選手ですし、今後の活躍を期待したい。
 

posted by ちゃんちゃん at 19:35
"一山麻緒が国内日本人最高記録で五輪逆転切符獲得!! : MGCファイナルチャレンジ第3戦 名古屋ウィメンズマラソン2020"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: