2020年03月25日

東京五輪の延期が決定

 まあ、仕方ないですね・・・
 
 
 4月中旬頃になるかと思われた東京五輪の延期の決定が、急転直下、昨夜決まりました。
 来年夏を限度としてこれから時期を検討に入るとのこと。

 コロナウィルス、日本国内はなんとか大爆発はしていませんが、世界各国が酷い状況になっているので、日本が大丈夫でも世界各国が困難な状況ですから仕方ないところでしょうか。

 ただ、報道では日本側からIOCに延期を申し入れたように聞こえて来るのが正直良く解りません。 延期にかかる関係各所への賠償問題等の可能性から、絶対に日本からは言い出さないものだと思っていました。 放っておけばIOCが音を上げると思っていたんですけどね・・・ もしかして、IOCと日本の間で何か裏取引でも有ったのでしょうか・・・??

 まあ、延期に関わる費用をどこがどう負担するかは置いておくとしても、延期は仕方ないところでしょう。 無理に開催すれば、日本が感染爆発を抑え込んだとしても、海外から選手だけで無く、応援でやってくる一般の人がウィルスを持ち込む可能性は高いですし、まさか全員検疫にかけるわけにも行かないでしょうし。 海外では感染爆発している代わりに多くの人々が免疫を獲得するかもしれませんが、日本は抑え込んでいるだけに免疫を獲得する人の数が少ないと予想できますし、逆に五輪後に感染爆発する可能性も有りますから日本人の為にもやむを得ないところでしょうか。

 大会名称の『東京2020』というのは2021年にずれ込んだとしてもそのまま使うようですね。 もうグッズも相当数作成しているでしょうから、経費面を考えれば当然の決定でしょうか。


 五輪延期を受け、1980年のモスクワ五輪ボイコットで涙を飲んだJOC会長の山下泰裕氏は自身の体験を基に日本のアスリート達に言葉を送っておられましたね・・・
 マラソン強化プロジェクトリーダーの瀬古利彦氏も同じくボイコットで涙を飲んだ一人で、その苦しさ・辛さを一番知る人物がトップに居るというのは日本選手にとって腐らずに頑張れる一つの要因になるかもしれませんね・・・


 そういえば延期が決まる前は海外の選手達から『このまま予定通りの開催なら不公平だ』なんて声も上がっていましたね。 僕に言わせれば何を言ってるんだ、延期しても全員に公平なんて絶対無いのに、なんて自分勝手な意見を言っているのだろうと思っていました。 あえて公平にするというならば、逆に予定通りに開催するのか、もしくは中止することが一番公平でしょうか。 延期すれば、予定通りの日程に合わせてピーキングしていた選手達に不公平ですし、逆に年齢的に衰える可能性の高いベテランにも不利でしょう。 逆に伸び代の多い若手には有利ですし。

 日本のマラソン代表においては再選考はしない方向のようですが、正解でしょう。
 過酷ですが公平な選考基準をクリアした6選手ですし、マラソンは代表レベルがベストを尽くしてのレベルでは年に何本も走れるものでは有りませんし、これから再選考するとなると疲弊してしまいます。 逆に怪我無くピーキングを合わせて本番の舞台に立つことも容易では無いでしょうけど・・・
 大迫選手以外の5選手は実業団に所属していますから駅伝も有りますし。 でも実業団も彼等代表選手は使いにくいでしょう。 とはいえ五輪本番まで練習ばかりでは勝負勘も薄れますし、フル1本プラスそれ以外の大会にも調整で出ることは必要でしょう。 本気で走る大会だって必要でしょうし。 だからといってベルリンとかで記録を狙って走ることもリスク高いですし、6選手のそういう走りを五輪後まで観れないというのも寂しいような気もします。
 とはいえ、ことマラソンにおいては粘り強い日本人気質が五輪延期でチャンスは拡がった可能性も有るように思えます。 個人的には暑さがピークでは無い初夏までに実施されて、コースを東京に戻して開催して欲しいところ。 札幌には申し訳無いところでは有りますが。

 ちなみに来年3月を目処に計画されていた、大迫傑選手考案の新しいマラソン大会はこれで予定の変更を余儀なくされそうですね。 こちらも楽しみにしていたので少々残念です。


 マラソンは決定した代表6名をそのまま代表で良いと思いますが、他の競技は替わって来るかもですね。
 注目している競技では卓球は再選考の可能性も有るでしょうか? 女子ではシングルに伊藤美誠選手と石川佳純選手が決まっていますが、伊藤選手はともかく石川選手は変更の可能性が有るように思えます。 平野美宇選手や早田ひな選手が伸び盛りですし、1年後なら変更した方がメダルの可能性は高くなるかもしれません。 石川選手には酷な話ですが、そういう可能性は低く無いように思えます。
 ただ、結果的に延期が早目に決まったのはまだ良かったかもしれません。 できるだけ早めに気持ちを切り替えできますしね・・・
 とはいえ、アスリート達の心と身体の維持を考えると、実に辛い気持ちになりますね・・・


 これでこの夏の大きな楽しみが無くなりましたが、幸いにも今年の夏にはTJARが有ります。
 五輪とTJARのダブルパンチで睡眠不足が続く心配だけは少し減りました


 さて、そんな東京五輪の延期が決まった今夜のランの状況。


 今日の走行距離 :  10.97km
                   54分05秒
                    4分56秒/km
                    12.17km/h
 今月の走行距離 : 154.92km
 
 
 思ったより昨日の疲れは無く、比較的頑張らずにスタートしましたが脚は重くも無く、中盤から自然とペースが上がり、ラスト2kmは少し頑張って4分43秒→4分30秒でフィニッシュ。 どうせなら序盤からもう少し頑張れば良かった。

 今月は走行距離が延びないことは解っていましたが、なんとか180kmには乗りそうな感じになって来ました。 今月は180kmに乗れば満点


 そういえばコロナウィルスの影響で、来週放送のMBS感謝祭は通常通りに多くの芸能人を集めて実施する形にはしないとか。 なんとあの赤坂五丁目ミニマラソンも会場を変えて実施するとか。 どこで実施されるのか注目です


 ※ 五輪延期絡みの内容のソースを本来示すべきなんですが、今回は引用すべきニュースが多過ぎたので省かせていただきました。 ご了承願います。
 
posted by ちゃんちゃん at 22:26
"東京五輪の延期が決定"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: