2020年07月23日

『ノストラダムスの大予言』著者、五島勉氏が逝去

 僕は中学時代にド嵌りしていました
 
 
 【追悼】伝説のベストセラー作家・五島勉の告白「私がノストラダムスを書いた理由」作家・五島勉インタビュー♯1(文春オンライン)
  ※ 文章がとても長いのでコピペはしませんので、ご興味有る方はタイトルのリンクからご覧ください。


 記事中で氏が語られていますが、この本を読んで悩んだ少年達が居て、その少年達に対しては申し訳ないなどという想いを持たれていたんですね。

 僕は中学生の時、夏休みに一人で父方の実家に2週間ほど泊まらせていただいた時、いただいたお小遣いでその本を買って読んで過ごした記憶が強く残っています。 それから無茶苦茶嵌りました。 NONブックより発売されていた氏の関連本は大抵読んだと思います。 中でも『ツングース 恐怖の黙示』はとても面白かった記憶が有ります。 正直、内容はもうあまり憶えてはいませんが

 1999年に人類が滅亡するというショッキングな結末の預言が大きく取り上げられたその本でしたが、しっかり読み込めばそんな滅亡なんて有るわけも無いことは中学生の僕でも理解できました。 ですので過剰に怖れることなど無く、氏がおっしゃるように、悩んだなんてことは有りませんでした。 いや、無茶苦茶ワクワクさせていただいた記憶がとても強いです。
 氏の本を読むことで、惑星直列やグランドクロスといった天体ショーについても知ることもできましたし、ハレー彗星のこともちょっと知ることができました。
 また、氏が言いたかったことなのかもしれませんが、氏の著書より、そういう悲劇の結末を迎えることの無いように、自身の行動で未来を変えて行かなければならないという当たり前のことを教わったような気もします。

 実に楽しい本を沢山書いて下さってありがとうございました。
 ご冥福をお祈りいたします。
 
posted by ちゃんちゃん at 15:26
"『ノストラダムスの大予言』著者、五島勉氏が逝去"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: